公開日:2017.03.01更新日:2017.03.01

売るときの基礎知識

売るときの基礎知識
売るときの基礎知識

住まいを売るときも不動産屋さんに任せるだけではうまくいかないことがあります。取引の流れがどうなっているのかなど、住まい売却の際に知っておきたいことや注意すべき点をまとめてみました。

1. スタートは住まいの査定から
住まいを売ろうとするときは、物件の価値を知らなければなりません。複数の業者に査定してもらい、正確な数字を把握してから売却に入りましょう。
2. 買い換えは売却が先か、購入が先か
マイホームを買い換える場合、売却、購入どちらを先にするか、考えなければいけません。売却と購入を同時進行させるケースも含め、家庭の事情に合わせて考えていく必要があります。
3. 事前に知っておきたい売却時の費用
不動産を売却するとき、売却に必要な諸費用と税金で、様々な出費が必要となります。どんな出費があるのか、事前に頭に入れておきましょう。
4. 古い建物の解体、いくらかかるの?
実家など古い建物が残った土地を売却する場合、建物を取り壊して更地にするのが一般的です。更地にするには、どれくらい費用がかかるか、調べました。
5. 3種類の媒介契約のメリット、デメリット
住まいの査定が終わり、実際に売るときには不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約には専属専任媒介、専任媒介、一般媒介の3種類があり、それぞれメリット、デメリットがあります。
6. 内覧で失敗しないポイントとは
マイホームを売りに出すと、購入希望者が家を内覧しに来ます。何度も内覧があるのに、なかなか売れない物件も少なくありません。どうすれば失敗せずに売却できるでしょうか。
7. 確実に売れる買取保証制度って何?
マイホームの買い換えで先に購入を決めたのに、自宅が売れずに困ることがあります。そんなとき、大いに助けになるのが不動産会社が直接買い取ってくれる買取保証制度です。
8. 告知書提出で将来のトラブルを防止
マンションや戸建住宅など中古物件の販売の際、売り主から買い手へ交付するのが告知書です。売り主しか知りえない情報を買い手に報告するためのものです。
9. 引き渡しまでに売り主が準備すべきこと
買い手が決まって契約を済ませば、あとは引き渡しです。売り主が引き渡しまでに準備しておくことにどのようなものがあるでしょうか。
10. 売却で損失が出たなら、どうすればいい
マイホームの買い換えの際、売却で必ず利益が出るとは限りません。そんな場合、損失を埋め合わせる方法はないのでしょうか。
高田 泰 ライタープロフィール

関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとして雑誌、ウェブサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動。