公開日:2017.03.01更新日:2017.03.01

内覧で失敗しないポイントとは
内覧で失敗しないポイントとは

内覧で失敗しないポイントとは

マイホームを売りに出せば、購入希望者が家の様子を見に来ます。いわゆる内覧です。しかし、何度も内覧があったのに、なかなか売れない物件も少なくありません。どうすれば失敗せずに売却することができるのでしょうか。

内覧前に片づけておくポイントは?

内覧は購入希望者が実際に買うかどうかを最終判断するためにやってきます。十分に脈はあるわけですから、できるだけ良い印象を与えたいものです。実際に生活しているとしても、少しでもきれいにしておきましょう。

内覧の購入希望者が見るポイントがあります。そこを片付けてきれいにしておくだけでも、かなり印象が異なってきます。

内覧前の清掃のポイント
玄関靴を靴箱へ。臭いがしないように
浴室水あかとカビを取り除く
キッチン油汚れを除去
室内不要なものを片付け、広く見せる
臭いペットの臭いに要注意
雑草を抜いておく

部屋を広く見せるのもマンションでは大効果

特に水回りは女性が気になるところ。キッチンの油汚れや浴槽の水あかなどがないように気をつけましょう。収納スペースにも注目が集まります。中をのぞかれても悪い印象を持たれないよう整理整頓しておく必要があります。

マンションだと部屋の狭さに幻滅する人も少なくありません。部屋を広げることはできませんから、できるだけ不要のものを片付けておきましょう。こうすることで少しでも部屋を広く見せることができます。

カーテンやソファー、じゅうたんの色を統一することでも、部屋を広く見せることが可能になります。特にベージュやグレーといった淡い色の方が、大きな効果を期待できます。統一感が生まれることで広く感じる錯覚を利用するわけです。

部屋の出入り口付近に大きな家具を置いてはいけません。入口の横に家具があると圧迫感を感じてしまいます。窓の付近に置いても、部屋を狭く感じさせるので避けましょう。

見送りになった理由は必ず確認しよう

内覧の申し込みがあるということは、希望者がその物件に魅力を感じているわけですが、必ずしも成約するとは限りません。見送りになったときには、不動産会社に必ず理由を確認してください。

断られた理由が分からなければ、その物件のどこに問題があるのかが把握できません。ひょっとすると、次の内覧者にも同じ理由で見送られてしまうかもしれないのです。理由をきちんと聞いて対策を立てることが大切です。

和室があるからやめたということなら、和室を洋室にリフォームすることも考えた方が良いかもしれません。リビングが狭いという理由なら、壁紙を白で統一して少しでも広く見せましょう。

大規模な改造なら費用がかかって対応することが難しくなってしまいますが、ほんの少しの改善で効果を上げられることもあります。契約した不動産会社ともよく相談し、内覧者があるたびに対応していけば良いのです。

高田 泰 ライタープロフィール

関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとして雑誌、ウェブサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動。