マンション 価格相場サービス『ウチノカチ』

ウチノカチ』は、中古マンションの価格相場、価格推移を提供するウェブサービスです。

ユーザーは国土交通省の過去10年間、合計210万件の取引情報に基づき、全国12万地点、2万以上の沿線・駅周辺の、中古マンションの価格相場や、中古マンションの価格相場の推移を簡単に無料で調べることができます。

ウチノカチが提供する中古マンションの価格相場は、過去に実際に取引された物件の築年数、駅からの距離などに基づき回帰分析により計算された価格相場です。これらの変数は、通常不動産価値を決める重要な変数として広く知られており、そこから導かれた中古マンション価格相場は実際の市場価値を反映した信頼できる中古マンションの価格相場といえます。

{{(isOpen==true) ? '閉じる' : '続きを読む'}}

マンションの価格相場の調べ方

『ウチノカチ』を利用することにより、様々な地点の中古マンションの価格相場や、価格相場の推移を調べることができます。ここでは、中古マンション相場、価格相場の推移の調査方法を説明します。

中古マンション相場の築年数推移の調査方法

多くの場合、中古マンションの価値は築年数が経つほど下がります。中古マンションの価格相場が築年数に応じてどのくらい値下がり(価値が下落)するかを調査する方法を説明します。

具体例として、東京都 北千住駅における中古マンションの価格相場の調査例を説明します。

北千住駅における中古マンション相場の築年数推移の調査

中古マンション相場(単価)の築年数に対する推移は『オレンジ色』の線で表現されます(①)。通常、相場は右肩下がりになっており、築年数が増えるほど中古マンションの価値(相場)が値下がりします。

北千住駅における中古マンション相場の築年数推移

マウスを操作することにより、築年数に対応した中古マンションの相場をより正確に調べることができます(②)。

散布図の『点』は、過去に実際に取引されたデータを築年数と価格に応じてプロットしたものです。マウスを重ねることにより、実際の取引データを調査できます(③)。中古マンションの相場と比較することにより、どのような物件が相場よりも『高く』または『安く』取引されているのか調査できます(下図)。

北千住駅における中古マンション相場の築年数推移
取引データの色分け表示

散布図の『点』である実売買データは面積や駅からの距離などにより『色分け』表示させることができます(①)。

過去の中古マンションの実売買データの色分け表示

例えば、『駅からの距離』により色分け表示させると、駅からの距離が近い物件(赤色、オレンジ色の点)の取引価格が、このエリアの中古マンション相場(オレンジ色の線)よりも高くなっていることがわかります(②)。一方、駅からの距離が遠い物件(青色、水色の点)の取引価格は、このエリアの中古マンション相場(オレンジ色の線)よりも安くなっています(③)。

実取引データを俯瞰することにより、より正確に中古マンションの価格相場を把握できます。

北千住駅における中古マンション相場推移の調査

次に、北千住駅における中古マンション相場のトレンド(相場推移)調査の方法を説明します。

『ウチノカチ』の相場推移グラフでは、対象エリアにおいて各年毎に取引された中古マンションの相場の推移を簡単に調査できます。例えば、北千住駅における2014年の売買相場は、2010年に比べ10%程度上昇していることがわかります

北千住駅における中古マンション相場推移の調査

また、対象エリアである北千住駅の中古マンション相場の推移を、上位分類となる『常磐線(全体)』、『東京都内JR(全体)』、『東京都(全体)』と対比して調査できます(①)。 これにより、北千住駅の中古マンション相場は、東京都全体と比べると『低い』ことがわかります。

なお、『対象』を変更することにより、中古マンションの価格相場の推移に加えて、各年毎の中古マンションの平均的な『面積』や『駅からの距離』の推移を調査することもできます(②)。

エリアにおける中古マンション相場の俯瞰調査

『ウチノカチ』では、様々なエリアおよび沿線・駅における下位カテゴリの中古マンション相場の全体を俯瞰できます。

山手線における中古マンション相場の俯瞰調査

例えば、山手線の各駅の中古マンション相場の俯瞰したものが次のグラフです。このグラフからは、山手線の各駅における中古マンション相場の全体的な傾向を調べることができます。

具体的には、池袋駅〜御徒町駅までの区間における中古マンション相場は比較的安く、秋葉原駅〜代々木駅までの区間における中古マンション相場は比較的高いことがわかります。

山手線における中古マンション相場の俯瞰調査
山手線における中古マンション相場の築年数による下落傾向

また、グラフの描画対象として、価格推移に加えて築年数増加に伴う残存価値(額、割合)等を選択できます(①)。 例えば、次の図は、山手線の各駅における中古マンション相場の新築時〜30年経過後の価格相場の推移(値下がり傾向)を示す。

山手線における中古マンション相場の築年数による下落傾向

このグラフからは、新宿駅の中古マンションは築年数の増加により価値が大きく値下がりしている(価格の下落幅が大きい)ことがわかります。一方、品川駅の中古マンションの相場は築年数に応じて値下がりしておらず、値上がりしていることがわかります。