群馬県 新幹線 中古住宅 価格相場一覧 [みる ][土地活用 ][価格査定 ]

2017 年の群馬県 新幹線における中古住宅価格の平均値は坪当たり 47.3 万円(単位平方メートル当たり 14.3 万円)。価格相場は1年前に比べて 13.4 万円減(-22.0 %)と大幅に下落。売買数は 7 件(1年前に比べて 43 件減(-86.0 %)と大幅に減少。)。

平均築年数は 27.6 年(昨年 22.6 年から +22.1 %増)。平均専有面積は 53.4 坪(昨年 97.2 坪から -45.1 %減)。平均延床面積は 69.6 坪(昨年 68.2 坪から +2.1 %増)。

近年の取引物件の特徴は、延床面積 100 平方メートル未満の一般的なファミリー世帯を対象とした物件数が大きく増加、専有面積 100 平方メートル未満の一般的なファミリー世帯を対象とした物件数が大きく増加。

価格上昇要因

  • 築 6 年未満の築浅物件数が大きく増加(全取引物件に占める割合が 2016年 2.1 % → 2017年 14.3 %)

価格下落要因

  • 平均築年数が大きく増加(2016年 22.6 年 → 2017年 27.6 年、+22.1 %と大きく増加)
  • 築 40 年を超える高経年物件数が大きく増加(全取引物件に占める割合が 2016年 19.1 % → 2017年 28.6 %)
  • 築 3 年未満の新築同様の物件数が大きく減少(全取引物件に占める割合が 2016年 23.4 % → 2017年 14.3 %)

住宅相場が最も高いのは上越新幹線の坪単価 51.9 万円(15.7 万/平方メートル)でした。一方、相場が最も低いのは北陸新幹線の坪単価 51.8 万円(15.7 万/平方メートル)でした。

築年数の増加に従い住宅の価値が最も下落しやすいの沿線・駅は上越新幹線の -38.5 %(築30年時点における下落率)でした。一方、最も下落しにくいのは北陸新幹線の -38.5 %(同下落率)でした。

掲載されている相場および推移は、642 件の国土交通省の売買データに基づき計算されています。

対象:

単位: