公開日:2017.03.01更新日:2017.03.01

入居者を募集している賃貸マンション。良い不動産会社を見つけることが希望の物件に出合うチャンスを広げる
入居者を募集している賃貸マンション。良い不動産会社を見つけることが希望の物件に出合うチャンスを広げる

知っておきたい賃貸の不動産会社選びのポイント

お望みの物件に出合うための第1歩が、不動産会社選びです。優良物件をたくさん持っている不動産会社と知り合うことができれば、希望通りの物件にたどり着く確率が高まります。

仲介業者には手数料が必要

賃貸の不動産会社には、自社で管理する物件を中心に紹介するところと、市場に出回っている物件を仲介してくれるところがあります。どちらのタイプにもメリットとデメリットが存在します。

自社管理の物件を中心に紹介する会社は、物件そのものだけでなく、オーナーや立地条件について熟知しているのが長所です。ただ、どうしても自社物件を紹介しようとする傾向が強く、住みたい場所を決めているときは、物件数がそれほど多くないこともあります。仲介業者の方が多くの物件の中から探すことができますが、仲介手数料がかかります。

場所を決めたなら地元の会社に

全国展開している大手の不動産会社と地元の小さな不動産屋でも、状況が少し変わってきます。大手は広い支店網を持ち、担当者が精通していない地域の情報も取り寄せてくれます。住みたい場所にこだわっていないのなら、良い情報を得られる可能性が高いでしょう。

住みたい場所が決まっているときは、地元の業者が力になってくれます。地元の情報に精通しているのがセールスポイントですから、思わぬ掘り出し物を見つけてくれることもあります。

ただ、小さな不動産屋は経営者や担当者の当たり外れが大きくなります。中には信用のおけない人物もいるのが実情です。店に張り出した物件情報をよく見て、丹念に細かい情報を記載しているか、チェックしましょう。まじめな業者ならきちんとした情報を掲示しているはずです。

広告からダメな会社を見破る方法

「平気でうそをつく」、「どこかうさん臭い」。不動産会社の悪口としてこんな言葉をよく耳にします。確かにそういう業者もいますが、会社の宣伝を見ていくとすぐに見破ることができます。

「物件情報ナンバーワン」という表現をしている業者は避けましょう。不動産流通機構の情報をどの不動産会社も共有しています。だから、特別に1社だけが突出した情報量になることはないのです。紹介するかどうかは別にして、どの会社も情報量に大きな差はありません。

仲介手数料を半額にしたり、無料にしたりするところもありますが、こんな会社もとんだ食わせ物の可能性があります。不動産会社は仲介手数料で儲けています。これを減らせるということは、オーナーから広告料など別の利益を得ているからです。

そんな会社は広告料などを得た物件ばかりを紹介してくる傾向があります。紹介してくれる物件数が少ないと感じたら、他の不動産会社を当たりましょう。

便利な不動産会社の検索サービス

不動産会社を探すとき、便利なサービスがあります。不動産関係の業界団体や企業が運営する検索サービスです。いずれも都道府県ごとの路線名、駅名、キーワードなどで不動産会社を検索することができます。

検索結果には営業所の所在地や連絡先、営業情報が出てきます。ある程度目当ての場所が決まっているのなら、使い勝手が良いといえそうです。

高田 泰 ライタープロフィール

関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとして雑誌、ウェブサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動。