大阪千日前線 価格相場レポート

中古マンション相場の概況

2018年7月〜9月期の大阪千日前線野田阪神駅南巽駅)における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 189.6 万円(単位平方メートル当たり 57.3 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 15.9 万円増(+9.1 %)と堅調に推移。売買数は 61 件(1年前に比べて 35 件増(+134.6 %)と大幅に増加。)。

平均築年数は 15.3 年(昨年 18.2 年から -15.9 %減)。平均専有面積は 13.1 坪(昨年 14.6 坪から -10.2 %減)。

近年の取引物件の特徴は、駅から徒歩 6 分未満の比較的駅が近い物件数が大きく増加、専有面積 60 平方メートル未満のDINKS・子供独立後の老後世帯を対象とした中規模物件数が大きく増加。

値上がりした駅数は 3 駅に対して、値下がりした駅数は 7 駅。ほとんどの駅において下落した。西長堀駅は、昨年から 10 %以上の値下がり。最も値下がりしたのは鶴橋駅で昨年に比べ -37.9 %、坪単価は 118.6 万円となった。

上位 2 駅(新深江駅今里駅)は +4.0 %(坪単価 +4.7 万円)の上昇。一方、下位 2 駅(鶴橋駅野田阪神駅)は -37.2 %(坪単価 -70.7 万円)の下落。

価格上昇要因

  • 平均築年数が減少(2017年 18.2 年 → 2018年 15.3 年、-15.9 %と減少)
  • 駅からの平均距離が大きく減少(2017年 6.9 分 → 2018年 4.9 分、-29.0 %と大きく減少)
  • 駅から徒歩 6 分未満の比較的駅が近い物件数が大きく増加(全取引物件に占める割合が 2017年 16.0 % → 2018年 39.3 %)
  • 駅から徒歩 3 分未満の駅近物件数が大きく増加(全取引物件に占める割合が 2017年 12.0 % → 2018年 19.7 %)

価格下落要因

  • 築 3 年未満の新築同様の物件数が大きく減少(全取引物件に占める割合が 2017年 30.8 % → 2018年 23.0 %)
  • 築 40 年を超える高経年物件数が小幅増加(全取引物件に占める割合が 2017年 7.7 % → 2018年 8.2 %)

売却検討物件の正確な価格計算は無料一括査定サービスが便利です

Loading...
提携無料一括査定サービス


セグメントごとの売買物件の内訳

以下のテーブルは、大阪千日前線における築年数、駅距離および面積の各セグメントごとの売買物件数を示したものです。例えば『築浅』『高経年』物件のどちらの取引が近年増加しているかといった、取引傾向を読み取ることができます。

セグメント:

※各年ごとの取引件数の割合が高いセグメントほど赤く表示

トップ

駅ごとの中古マンション相場の概要

鉄道路線中、最高値の駅となった西長堀駅における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 224.6 万円(単位平方メートル当たり 67.9 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 15.1 万円減(-6.3 %)と弱含みに推移。売買数は 17 件(1年前に比べて 15 件増(+750.0 %)と大幅に増加。)。

鉄道路線中、最低値の駅となった新深江駅における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 113.3 万円(単位平方メートル当たり 34.3 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 5.2 万円増(+4.8 %)と小幅に上昇。売買数は 1 件(1年前に比べて 1 件減(-50.0 %)と大幅に減少。)。

大阪千日前線(沿線・駅ごとの中古マンションの概要)
大阪千日前線現状(2018)1年前2年前
野田阪神駅119.5万 (29.8年/57.5㎡)188.4万 (21.5年/43.0㎡)-
玉川駅215.7万 (10.8年/46.2㎡)214.9万 (10.5年/42.5㎡)135.7万 (24.5年/35.0㎡)
阿波座駅181.8万 (17.4年/43.7㎡)232.3万 (12.2年/40.0㎡)128.8万 (22.1年/51.6㎡)
西長堀駅224.6万 (11.7年/38.5㎡)239.7万 (14.0年/22.5㎡)176.4万 (9.9年/77.0㎡)
桜川駅183.2万 (13.7年/35.0㎡)-356.1万 (13.0年/28.8㎡)
難波駅--198.4万 (9.3年/27.5㎡)
日本橋駅219.8万 (19.5年/22.5㎡)-135.5万 (18.3年/40.0㎡)
谷町九丁目駅176.3万 (11.5年/45.0㎡)-169.2万 (7.8年/40.0㎡)
鶴橋駅118.6万 (17.5年/55.0㎡)191.0万 (16.3年/38.3㎡)138.4万 (16.8年/56.7㎡)
今里駅135.9万 (20.5年/60.0㎡)131.7万 (16.2年/96.7㎡)93.9万 (21.9年/58.8㎡)
新深江駅113.3万 (14.5年/70.0㎡)108.2万 (21.5年/57.5㎡)100.4万 (17.9年/62.0㎡)
小路駅---
北巽駅-70.0万 (29.9年/51.7㎡)46.3万 (29.5年/40.0㎡)
南巽駅--72.7万 (29.5年/50.0㎡)

※『ウチノカチ』データベースに登録された中古マンションの実売買価格(国土交通省アンケートに基づく)をもとに、鉄道路線の駅ごとに平均坪単価(約 3.3 平方メートル)を算出。単位:万円、カッコ内は事例物件の平均築年数/同専有面積。

トップ

価格変動が大きかった駅の概要

新深江駅113.3 万/坪(昨年同期比 +4.8 %)

新深江駅における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 113.3 万円(単位平方メートル当たり 34.3 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 5.2 万円増(+4.8 %)と小幅に上昇。売買数は 1 件(1年前に比べて 1 件減(-50.0 %)と大幅に減少。)。

平均築年数は 14.5 年(昨年 21.5 年から -32.6 %減)。平均専有面積は 21.2 坪(昨年 17.4 坪から +21.7 %増)。

価格上昇要因

  • 平均築年数が大きく減少(2017年 21.5 年 → 2018年 14.5 年、-32.6 %と大きく減少)
  • 駅からの平均距離が大きく減少(2017年 6.0 分 → 2018年 1.0 分、-83.3 %と大きく減少)
  • 駅から徒歩 3 分未満の駅近物件数が大きく増加(全取引物件に占める割合が 2017年 50.0 % → 2018年 100.0 %)

今里駅135.9 万/坪(昨年同期比 +3.2 %)

今里駅における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 135.9 万円(単位平方メートル当たり 41.1 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 4.2 万円増(+3.2 %)と小幅に上昇。売買数は 2 件(1年前に比べて 1 件減(-33.3 %)と大幅に減少。)。

平均築年数は 20.5 年(昨年 16.2 年から +26.8 %増)。平均専有面積は 18.2 坪(昨年 29.2 坪から -37.9 %減)。

価格下落要因

  • 平均築年数が大きく増加(2017年 16.2 年 → 2018年 20.5 年、+26.8 %と大きく増加)
  • 駅からの平均距離が大きく増加(2017年 5.0 分 → 2018年 7.5 分、+50.0 %と大きく増加)
  • 駅から徒歩 6 分未満の比較的駅が近い物件数が僅かに減少(全取引物件に占める割合が 2017年 50.0 % → 2018年 50.0 %)

鶴橋駅118.6 万/坪(昨年同期比 -37.9 %)

鶴橋駅における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 118.6 万円(単位平方メートル当たり 35.9 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 72.5 万円減(-37.9 %)と大幅に下落。売買数は 3 件(1年前に比べて 3 件減(-50.0 %)と大幅に減少。)。

平均築年数は 17.5 年(昨年 16.3 年から +7.1 %増)。平均専有面積は 16.6 坪(昨年 11.6 坪から +43.5 %増)。

価格上昇要因

  • 築 40 年以内の比較的古い物件数が僅かに減少(全取引物件に占める割合が 2017年 33.3 % → 2018年 33.3 %)

価格下落要因

  • 駅からの平均距離が増加(2017年 6.3 分 → 2018年 7.0 分、+10.5 %と増加)

野田阪神駅119.5 万/坪(昨年同期比 -36.6 %)

野田阪神駅における中古マンションの取引価格(実勢価格)の平均値(中古マンション相場)は坪当たり 119.5 万円(単位平方メートル当たり 36.2 万円)。中古マンション相場は1年前に比べて 68.9 万円減(-36.6 %)と大幅に下落。売買数は 4 件(1年前に比べて 1 件減(-20.0 %)と大幅に減少。)。

平均築年数は 29.8 年(昨年 21.5 年から +38.4 %増)。平均専有面積は 17.4 坪(昨年 13.0 坪から +33.7 %増)。

価格上昇要因

  • 駅からの平均距離が減少(2017年 9.2 分 → 2018年 8.2 分、-10.3 %と減少)

価格下落要因

  • 平均築年数が大きく増加(2017年 21.5 年 → 2018年 29.8 年、+38.4 %と大きく増加)
  • 築 40 年を超える高経年物件数が大きく増加(全取引物件に占める割合が 2017年 20.0 % → 2018年 50.0 %)

セグメントごとの取引物件の内訳

対象駅:   セグメント:

※各年ごとの取引件数の割合が高いセグメントほど赤く表示

トップ

記事:おうち研究所『ウチノカチ

※転載・利用時にはURL(https://utinokati.com/)を明記してください(事前許諾等は原則不要)
データ:国土交通省 売買価格情報(過去の実取引情報)